自転車の保存方法

長く愛用できるように管理が必要

大事にしている自転車はできるだけ長く乗り続けたいものですが、管理の仕方が悪いとすぐに錆び付いてしまって見た目が悪くなるだけでなく走行性能にも影響を与えます。
特にスポーツサイクルは管理が難しいため、保管場所をきちんと用意しておかなければせっかくの愛車がボロボロになってしまうので注意が必要です。
ここでは色々な自転車の保存方法の特徴について確認してみましょう。

室内

自転車を大事にしたいと考えている人は家の中できちんと保存している方も多いです。
メンテナンススタンドを取り付けて保管することで、インテリアとして楽しむこともできるので自転車好きの方にとってはたまらないオブジェの一つになるでしょう。
注意しなければいけないのは床に直接自転車のタイヤを置くと黒く変色するため賃貸物件にお住まいの方は十分注意してください。
できるだけ室内を汚さないためにも敷物を用意することをおすすめします。

自転車が好きで2台以上所有している方は、専用のバイクスタンドを用意すると便利です。
2台同時に保管でき、タイヤを床に置く必要がないため汚れの心配もありません。
オブジェとしてもかなり見た目が良くなるので、2台以上を室内で保管しておきたい方は専用スタンドの購入を検討してください。

玄関

大事に保管しておきたいけど、さすがに室内はちょっと…という方におすすめなのが玄関です。
正直なところ、毎回自転車に乗る度に室内へ運ぶのは面倒ですが、玄関ならさほど面倒に感じにくいものです。

ただし十分な広さの玄関ではない場合には、自転車が玄関スペースを占めてしまうほど邪魔に感じられるため、ある程度パーツを外して保管しなければいけない場合もあります。
使う度に何度も取り付けては外すことを繰り返すこと、玄関なので出入りの邪魔になる可能性が高いことを考えておきましょう。

屋外

室内や玄関に十分な保管場所が確保できないとか、家族の協力を得ることができないという場合には、最終手段として屋外に保管することを考えなければいけません。
さすがに風雨にさらすわけにはいきませんし、防犯上の問題もありますので、きちんと自転車カバーをかけてください。
なお、地面に直接置いている場合、カバーをかけることで湿気がこもる原因になりますので、すのこを敷いてからその上に自転車を保管するようにしてください。

きちんとカバーをかけておくことで風雨から守ることができても、タイヤの下までしっかり覆っていなければ日光の影響でタイヤが劣化する可能性があります。
特にスポーツサイクルに関してはタイヤの走行性能を重視するため側面にゴムをほとんど塗っていないため傷みやすいので注意してください。

About SLwhe7uK