ロードバイクってどんな自転車なの?

高速走行に適した自転車

舗装道路を高速走行するために最適なのがロードバイクの特徴です。
最初に購入するのはクロスバイクが良いという方も多いですが、自転車の楽しさを知ると最終的にはロードバイクを目指したいという方もたくさんいます。
一般の自転車では考えられないような高速走行を実現できますが、種類によって走行性能の違いがあります。

種類について

ロードレースに出場することが多いのはロードレーサーです。
オンロードで速く走行できる能力を追求して開発された自転車なので、できるだけ負荷を軽減するためにタイヤを細くしたりホイールなどを軽くするなどの工夫をしています。
空気の抵抗をできるだけ少なくするために前傾姿勢になるように設計されているのも特徴です。

ランドナーは高速走行というよりも長距離走行を重視した性能を誇っている自転車です。
日本一周の旅などに使われているのはこのタイプが多いです。
たくさんの荷物を持ってツーリングに出かけることができるように荷物用のキャリアを取り付けできるようになっています。
天候が悪くなった時のことを想定して泥除けも付いています。
タイヤもロードレーサーのように細くなく、マウンテンバイクと同様のタイヤを使用しています。

トライアスロンは自転車レース以外にも水泳やマラソンを同じレースで行なう過酷な鉄人レースと呼ばれており、それぞれの競技を柔軟にこなさなければいけません。
自転車レースだけを重視するのではなく、各競技にも注力できるように自転車も高速走行だけにこだわってはいけないとされています。
ハンドル上部にはエアロバーというパーツが存在しており、空気抵抗を受けないように工夫されているのが特徴です。
なお、選手によってはロードレーサーにエアロバーを取り付けて出場している方も存在しています。

ピストは競輪に使用される自転車で、バンク付きのトラックで競技を行なうのが特徴です。
他の自転車とは異なり、ブレーキや変速機などが付いていないのが特徴です。
自転車を走行させることは容易にできても、停止するのに苦労するため一般向けではありません。

シクロクロスはロードバイクとマウンテンバイクを組み合わせたような印象を受ける自転車です。
オンロードの走行以外にもオフロードでも走行できるように頑丈なパーツを採用しているのが特徴ですが、タイヤはロードレーサーのように細くなっています。
ロードレーサーに使用しているキャリパーブレーキを使うとオフロード走行時に泥が詰まってしまい走行できなくなるため、マウンテンバイク用のカンチブレーキを使用しています。
パンクしやすいロードレーサーに比べて、タイヤが頑丈になっているのでツーリングや日常的な通勤用としても活用できます。