マウンテンバイクってどんな自転車なの?

オン、オフ問わない万能自転車

オンロードやオフロードを問わず、様々な道路で乗ることができるのがマウンテンバイクです。
マウンテンバイクという呼び方が一般的になる前はオールテラインバイク=ATBと呼ばれており、地球のどこでも走行できる自転車という意味で親しまれていました。
名前からも想像できるように、元々は山を走行する目的で作られた丈夫な自転車という特徴があります。

様々な種類があります

マウンテンバイクの中でもクロスカントリーという種類は、上り下りのある超距離区間の耐久レースで使用するタイプです。
起伏の激しいコースを走行するために適した幅広いギヤ比が存在しているのが特徴です。

ハードテイルもしくはリジットフレームと呼ばれるタイプは前にだけサスペンションが付いています。
また、ソフトテイルは後ろに少しだけ動くサスペンションがあり、ダブルサスまたはフルサスは前後にサスペンションが付いているという3種類が存在しています。

オンロードだけでなく、オフロードも少し走行したいという場合に適しているタイプで、車体が軽くてサスの動きにも無駄がないことが特徴です。
値段が高いものになるとサスで無駄な動きがほとんど無くなるので走行しやすいと感じられます。

オールマウンテンと呼ばれる種類はマウンテンバイクの中で最も柔軟に対応できるタイプになります。
クロスカントリーレースの中で長距離のマラソンレースなどに適していますが、本格的なレースに参加して優勝を目指しているという場合でない限りはどなたでも乗りやすいタイプになると考えられます。

スラロームは短い距離の坂道に立てたポールに合わせて曲がりくねりながら走行するレースに適したタイプです。
曲がりくねった走行に適するように取り回しがしやすいという特徴があります。

ダウンヒルは山を下るために作られたタイプで、下り坂を走行するために特化した作りになっています。
タイヤが太くてフレームやホイールも太いという特徴があり、安定して下ることができるようにハンドルが上がり気味になっています。
このタイプを街乗り用として活用するとかなり重たくて走行しにくいと感じられます。

フリーライドはオールマウンテンに含まれる場合もありますが、どちらかといえばダウンヒルに近いタイプをフリーライドと言います。
ダウンヒル専用のコースを走行するなら苦労して登る必要がなくても、そうではないコースを走行する場合には下り坂を走行する前にかならず上り坂を登っていかなければならないため、ある程度は坂道を登れるように作られていなければいけません。
この場合に適するのがフリーライドで、フレームはとても頑丈な作りになっているという特徴もあります。